夜勤で働く看護師の実態

夜勤で働いている看護師は、とても精神的にも身体的にも負担が大きいことがあります。
その原因は、看護師の人材不足にあります。
夜勤では、看護師2人で40人あまりの患者さんを見なくてはなりません。
しかし、夜勤の勤務の方が楽な看護師もおられます。それは、人によって見方が異なることもあります。
患者さんがベッドから起き上がると転倒したりすると骨折に繋がることもあります。また、頭を強く打ってしまうと死亡することもあります。
そのため、夜勤でも気が抜けないことが現状にあります。夜勤では、このスタッフの少なさにも原因があるのではないかと思います。
そのため、病院ではいろんな工夫がされています。転倒を防ぐために患者さんの足元にマットを敷くことでブザーが鳴るようになっています。
そのブザーがなると看護師が駆けつけます。その間に患者さんの身の回りのお世話を行うようにします。
また、救急患者の対応も行わなければなりません。このように夜勤で働く看護師は、仮眠が取れない状況になっています。
日勤でもそうですが労働の改善を行っていく必要があります。看護師も人間ですからこのような寝不足で医療ミスが起きてもおかしくない状況と言えます。
夜勤が原因で、生活のリズムが崩れることもあります。そのため、体調を崩したりする原因にもなります。しかし、その分夜勤手当が付くため給料は高くつくことになっています。夜勤で働くには、体が慣れるまで大変だとご理解いただけたら幸いです。